白ニキビは潰して治す?

白ニキビは潰す治し方は問題ない?

 
ニキビは潰した方が良い、という方もいれば、潰したらニキビ跡が残るからやめた方が良い、という両方の意見が良くいわれます。これはどちらも間違いという訳ではないのです。それはニキビの状態によって潰した方が治りが早い場合もありますし、逆に悪化したりニキビ跡が残ってしまったりする場合もあるのです

では、白ニキビの場合は潰す治し方は問題ないのでしょうか。

「潰す」という表現はあまり正しくはありませんが、角栓(コメド)を綺麗に取り除く事ができれば白ニキビの治りは早くなります。白ニキビは角栓(コメド)によって毛穴の中に皮脂が詰まっている状態になります。そのままの状態だと炎症を起こしてしまい赤ニキビとなり、しまいには黄ニキビとなっていくのです。白ニキビの段階はまだ炎症が起こっているわけではありませんし、皮膚組織にダメージがあるわけでもありません。ただ栓がされている状態ですので、簡単に言えばその栓を取り除くことで問題は解決するのです

ただ、角栓を取り除く行為自体は問題がないのですが、雑菌のある手や器具でおこなうと毛穴の中に雑菌が入り込み、それが原因で炎症を起こしてしまうこともあるのです。また、力ずくで潰してしまうと、その行為だけで皮膚組織を傷めてしまうこともあるのです。ですので、白ニキビを潰す事自体はいいのですが、やり方をしっかりしておかないと逆効果になりかねません。それになるくらいなら、毎日の洗顔だけでケアしていたほうがいいのですから。
 

病院で白ニキビを潰してもらう

 
白ニキビはしっかりと角栓(コメド)を確実なやり方で除去できれば治りも早くなるものです。ただ、自分でやろうとした場合、指や爪で絞ったり針で潰したりすることでしょう。そうなると、そこから雑菌が入り込んで悪化してしまうこともあります。

また、ニキビの状態によっては潰さない方が良い場合もあります。その判断は素人でできるものではないのです。白ニキビを清潔に確実に潰すためには、病院に行くというのも一つの方法です。

白ニキビ,潰す,治す

「病院でも白ニキビを潰すの?治療するんじゃないの?」と思うかもしれませんが、白ニキビは角栓を取り除くことで治りやすくなるものですから、病院でもその手法を用いるところが多々あるのです。ただ、病院では「白ニキビを潰す」というのではなく、面皰圧出という呼び方になります。

もちろん、指や爪で絞り出すのではなく、面皰圧出器という専用の器具を用いてニキビに穴を空けて中に詰まっている皮脂を出すのです。これにより白ニキビが治りやすくなります。痛みも針を刺す痛みだけですので耐えられないほどではないので、気軽にできる方法です。

たかが白ニキビを潰すだけなのに皮膚科に行けば費用がかかるのでは?と思うかもしれません。もちろん費用はかかりますが、健康保険が適用となるため高額になる事はありません。それよりも赤ニキビ、黄ニキビとなってしまい、悩んで皮膚科に行くよりはいいですし、費用も安く済むことでしょう。もし、出来るだけ早く治したい、確実に治したいというのであれば自分で白ニキビを潰すのではなく、病院で潰してもらいましょう
 

病院のレーザーでの白ニキビの治し方

 
病院で白ニキビの治療をおこなう場合、炭酸レーザーを用いることもあります。炭酸レーザーによる白ニキビの治し方というと、レーザーによってニキビに極小の無数の穴を空け、毛穴の中に詰まっている皮脂を取り除くという方法になります。つまり、自分で指や爪で白ニキビを潰したり、病院で面皰圧出器を使い方法と目的は同じになります。

他の白ニキビを潰す方法との違いは、痛みがないということでしょう。面皰圧出器だと、どうしても針を刺す痛みはあるものです。もちろん、我慢できないほどではないにしても、数が多くなればそれも苦痛になってしまうでしょう。

白ニキビ,潰す,治す

レーザー治療の場合、極小の穴を空ける方法ですから、ほとんど痛みはありません。そのため、麻酔を行わずにおこなうところがほとんどです。またレーザーには殺菌効果もあるため、白ニキビが悪化して赤ニキビ、黄ニキビとなってしまうのを予防することにもなります。そのため、痛みに弱い方、治療したい白ニキビが多い方、出来るだけ早く治したいという方は病院でレーザー治療を受けてみるといいでしょう

ただ、病院でのレーザー治療にもデメリットがあります。それが費用面です。自分で白ニキビを潰せばゼロ円、病院で面皰圧出でも1個あたり500円程度です。ですが、レーザー治療だとニキビ一つあたり5,000円以上のところもありますし、個数にかかわらず1回当たり1〜2万円というクリニックもあります。ですので、お金に余裕がある方でないと躊躇してしまうかもしれません。